スーパードクター殿堂名鑑~美容整形業界のカリスマ達~

ご相談・お問い合わせ TEL:0120-558-902

スーパードクター インタビュー

豊胸術・目元を始め、特に「鼻の整形」と「輪郭形成」に関しては
「どこよりも結果を出す」という強いこだわりを持ったスペシャリスト。
誠意あるカウンセリングも含め、患者様からの信頼も厚い名医。

ヴェリテクリニック 名古屋院 院長 李 政秀 先生

Q1.美容外科医になられた経緯について教えていただけますでしょうか?

私は元々一般外科というところで、消化器外科・乳腺外科などを中心にやっていました。手術がしたくて外科という世界に入って遣り甲斐があってよかったのですが、経験していく中で外科の仕事というのは手術も確かに大事なのですが、手術以外の術後管理等の占めるウエイトが大きいのです。

「手術した結果・形にこだわりたい」というのが自分の中で大きかった。

例えば消化器外科では癌の手術が多かったのですが、どんなに頑張っても再発する人も居れば、雑な手術でも治る人もいるんです。そうした矛盾を疑問に感じていた時に、たまたま縁があって知り合いの紹介でこの美容整形の世界を見学する機会があったんです。

初めは興味があって見てみる程度のつもりだったんですが、2度3度見学しているうちに心がどっぷり美容整形にハマってしまいました。(笑)

今まで自分が経験してきた世界と違うのは、「結果がそのままストレートに出てしまう」、そして「手術を受けた患者様やその周りの方、そして看護師などのスタッフからも結果が明らかにわかってしまう」ということです。そうした厳しい世界ですが、手術を生業としてやっている人間としてはすごい遣り甲斐のある仕事だと感じたのが美容外科医になるきっかけですね。

Q2.美容整形の在り方・考え方を教えていただけますか?

良く患者さんに「私、何をしたら良いですか?」とか「どこを直したら良いですか?」っていう質問をされることが多いんですが、この世界は「しなければいけない手術」というのは何一つないんですよね。

だからそれを必要としない人に対しては、もし病気だったら「今はこういう状態(症状)だから、こういう手術をしましょう」という事が言えるのですが、美容整形の場合は「決まった治療はない」「必要な治療はない」ので、やらなければならないという追いつめられた考えでやるものではありません。

その方がより目指すものがあって、そういったステージへ行く為に美容整形が必要だと考えた方が自分で判断してやるのが良いと思います。

美容整形は「こうなりたい」「こうしたい」という気持ちに応えてあげる事、そして自分達としては何を求めているかの答えが、病気ではなくその方その方で考え方も違えば治療方法も違うので、手術と同じくらい「どういうものを目指しているか?」というのを聞き出して、正確に判断する事が非常に大事だと考えます。

Q3.「特にこの相談・施術は私にお任せください!」という施術はございますか?

そうですね。まあ「全部!」って言いたいところですが(笑)・・・。
ヴェリテクリニックは、特に鼻の手術に関して「どこよりも結果を出す」というところにこだわっています。

そうした中で、鼻の手術に関しては私も非常にこだわりを持ってやっている整形のひとつですね。
あと目の手術はとても重要が多いので、美容外科をやっていて「やればやるほど奥が深くて遣り甲斐があるな」って感じますね。こちらも力を入れている施術でもあります。

また輪郭形成も大変こだわりを持ってやっていますね。
その他でいえば、私は元々乳腺外科をやっていたという事もあって豊胸術に関してもお任せいただければと思います。

あとこだわっている事としては「この施術」というよりは私はどちらかというと「他でやったけど上手くいかなかった」という、所謂「修正」ですね。「選んだ治療とか選んだクリニックが自分と合わなかった」という方もいらっしゃいます。ちゃんとやれば美容外科の治療ってすごく良いものなのに、そうではなくマイナスの状態で終わってしまっているのはすごく勿体ないと思うんですよね。

「こうしたいのだけど、上手くいかなかった」とか、「執刀された先生とウマが合わなくて思った方向(結果)に行かなかった」とか・・・。そういう意味では是非私のところに来ていただきたいですね。

あと「カウンセリング」にはすごくこだわりがあります。シミュレーションを使って「どういう結果を目指せば良いのか?」という事を考えながら親身になって対応しています。
もちろん「手術を上手にやって綺麗になっていただく」というのは大事なのですが、美容外科ってやればやるほど奥が深いんですよね。
ですから、過去に受けた施術で納得していない方でも一度来ていただければ嬉しいです。

Q4.お勧めの施術や最新技術(治療)は何でしょうか?

そうですね。やはりヴェリテクリニックのひとつの特徴としては鼻の手術ですね。
一般的な美容外科でやっているようなメニューとは根本的に違うんですよね。

鼻は顔の中で一番複雑な部位だと考えているのですが、ひとつの手術で結果を出すというのはすごく難しくて、トータルで形を作っていかなければなりません。そうした意味ではこだわりを持ってやらなければ結果も付いて来ないかなって思います。

ヴェリテクリニックではこだわりを持った施術を行っているので、ちゃんと結果を出せると思います。

あとは輪郭形成ですね。輪郭って「ただ削ればいい」とか「ただ小さくすればいい」というのとは違うと思うんですよね。そういうのは実は古い考え方で、たとえばもっと複合的な造形って非常に大事なんです。
「ここは削るけどここはあえて残す」とか、「ここは逆に出す」とか・・・そういう立体的に考えた施術を心掛けていますね。

最近は手術の前に「3DCT」といってCTで立体画像を作って、それを基に最初から患者様と全く同じ骨の模型を作ることが出来るんですよ。手術前に全く自分の骨と同じものを作って、実際に一度それを切ったり削ったりしてみて、本当のリアルなシミュレーションが出来るんです。

こうした方法で、今ではかなり精度の高い骨格の手術が可能になりました。昔は大学病院での再建手術などでしか行っていませんでしたが、輪郭形成に力を入れているヴェリテクリニックでは積極的にそういった方法を取り入れていますね。ご希望の方にはそうした術前のシミュレーションをお勧めしていますよ。

Q5.美容整形を受けられた方のお声はどういった内容(ご感想)が多いでしょうか?

受けた方100人中100人がご満足されるわけではないのがこの美容整形の世界ですが、基本的にヴェリテクリニックでは先程もお伝えした通り、「修正術」が多いので、「他でダメで諦めかけていたけど、ここで修正を受けて良かったです」とおっしゃっていただく方が多いですね。

あとはカウンセリングに来た方だけでも、「いろいろクリニックを回って、他とは全然違う話が聞けました」
とか「目から鱗が落ちました」とか言っていただけるので、それはすごく嬉しい事ですね。

Q6.美容整形は技術力が大切な業界でもありますが、それ以外に重要だと考える事はございますか?

先程も述べましたが「その人が何を望んでいるのか?」という事ですね。
美容外科医が一番気をつけなければいけない「技術があれば」という点です。「自分がこうしたい」とか「これがいい」という思い込みを基に手術をしてしまうのは危険で、それってお互いにとって不幸で、手術した人は一生懸命やって結果を出したはずなのに」とか、全ての人が大きな変化を望んでいるわけではない。

やっぱり、あえてここまで出来るけど、患者さんはここまでの結果を望んでいるのでそこは抑える。
という事ですよね。

Q7.美容整形で後悔しないためのポイントは、どういった事でしょうか?

「安易に言われるがまま手術をしない」ということですね。
カウンセリングでドクターの意見を聞くというのも大事だけれども、「自分がどうなりたい」「どういうものが好きなのか?」・・・そういった事を一生懸命ドクター側に伝えるということが大事なんじゃないかな。

自分がなりたいもの、よく皆さんタレントの写真とか持って行きたいけど恥ずかしいっておっしゃいますが、私としてはその人が何が好きなのかというものを見るだけでもすごく参考になるので、「この顔にしたい」というのではなくても、「こういうのが好きなんです」「この鼻が好きなんです」・・・とか、そういうのがわかれば「この部分は近づくけど、この部分はちょっとむずかしいかな」とか、具体的なお話が出来るんですね。

なのでそういう参考資料という意味では、多い方が良いですね。
あとはシミュレーションとかを使って、実際に自分の顔を使ってこれ(希望)に近付けるというのを見せる時には「近道」になりますよね。逆に方向がわからないままカウンセリングをして施術もしてしまうのは危険です。

「言われるがまま手術を受ける」ことは良くないですね。所謂美容整形は店頭・コンビニで売っている商品とは違うので、やっぱり「始めに手術名ありき」ではないんです。
だから例えばよく「隆鼻術やってください」とか、その手術名を指定して「○○やってください」という方がいらっしゃいますが、そうではなくて「どうなりたいの?」とかを踏まえた上で、それじゃあこの手術は必要かどうか、また実際にその形にするのに何の手術が必要か・・・という事をちゃんと話し合ってください。そこを怠ると、「ああ、じゃあやりますよ」となってしまい、なんとなく安易な内容になってしまいます。

「やったけど、こうだった」という修正希望の方の話を聞いていると、「あんまり良く分かっていなくて言われるがまま手術を受けたけど、結局こうなっちゃった」っていう方が多いですね。

Q8.ヴェリテクリニック 名古屋院の特徴・アピールポイントを教えてください。

ひとつは他のクリニックと設備の充実さが違う点ですね。これは受付の設備とか見栄えの面ではなくて手術室だとか処置室だとか、そういったところはすごくこだわって作ってあります。
大学病院と比べても遜色ない設備、麻酔の設備が整っていて、他の美容外科の先生方が見学に来られてもビックリされる程の設備ですね。

「手術をするちゃんとした環境」はどこよりも整っていると思っています。
例えば名古屋院では「乳房再建」という、乳癌で胸をなくした方の胸の再建術を大学病院からの紹介で患者様が来て手術を行えるような設備が整っています。通常は美容外科では十分な設備が整っていないので、大学病院を勧めることがほとんどですが、うちは逆ですね。

たとえば麻酔機器ひとつとっても、通常は麻酔タンクが施術台の後ろに置いてあるのが普通ですが、ヴェリテクリニックでは壁に埋め込んであるんです。これは少なくとも美容外科では非常に珍しいですね。

あと処置室で言えば、一般的な美容外科の手術室にある「無影灯」という照明がヴェリテクリニックでは処置室にも設置されています。

ドクターとして手術する環境としてはとてもやりやすい。おそらく名古屋では一番ではないでしょうか。

あとオペとか治療というのはドクターひとりでやっているわけではなく、周りのスタッフもいて初めて成り立ちます。ヴェリテクリニック名古屋院ではベテランのスタッフが揃っているので阿吽の呼吸で治療に臨めるという点もアピールポイントですね。

Q9.ヴェリテクリニック 名古屋院へご来院される患者様はどういった方が多いでしょうか?

多岐に渡っていますよね。
ひとつ特徴としては、意外と他のクリニックからのご紹介も多いですね。
「うちのクリニックでは出来ないけどヴェリテクリニックなら出来るので」というような(笑)

あとは大学病院の教授からのご紹介とか、うちで治療を受けた方やご家族内からのご紹介も多いです。
少なくとも私が過去に働いたクリニックや知っているクリニックと比べても圧倒的に多いですね。

そんな積極的に広告をバンバン打っているわけではないのですが(笑)

Q10.最後に、李院長先生から美容整形をお考えの方・悩んでいらっしゃる方へ一言お願い致します。

特に最近はインターネットとかの情報に踊らされてしまって、頭でっかちになってしまっている人が増えています。もちろんその中に正しい情報もあれば、私共医療関係者からすると笑ってしまうような内容もあります。

そういう情報に踊らされずに「自分がどうしたいのか?」という考えを自分の中にちゃんと持って、あとは「自分の悩みを解消するには何が必要なのか?」ということを「ドクターとじっくり時間をかけて相談する」という事が一番大事だと思います。

言われるまま流されるように手術をする事のないように・・・。
例えば「今日だったら○○円に割引するよ」と言われてその日に手術をしてしまうというのは、最悪だと思います。やっぱりきっちりと考える時間も必要だし、クリニックも1か所で納得いかなければ何軒か回ってみるのもいいだろうし、「自分がここだったら任せられる」というクリニックを自分で決める事が大切ですね。

「やらなければならない手術」というのはありません。追いつめられるように、ネガティブな気持ちで手術を受けるという事にはなってほしくないですね。

美容整形手術をどんどん繰り返して止められなくなってしまう人っていうのは、自分が嫌いな人が多いんですよね。「自分が嫌いだから変えたい」のではなく、「今の自分も好きなんだけど、その好きな自分を更に磨きあげる」為に、まずは自分が好きというところからスタートしてもらいたいですね。

クリニック情報

ヴェリテクリニック 名古屋院

ヴェリテクリニック名古屋院の特徴のひとつが「他のクリニックと設備の充実さが違う」という点です。
大学病院と比べても遜色ない設備、麻酔の設備が整っていて、「手術をするちゃんとした環境」はどこよりも整っていると思っています。
また、ベテランのスタッフが揃っているので阿吽の呼吸で治療に臨めるという強みもありますので、どうぞ安心してお越しください。

所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4-5-20 第二堀内ビルディング5階
電話番号 0120-451-170
診療時間 10:00~19:00(土曜・日曜・祝日も診療)
完全予約制
休診日 なし
アクセス ユニモール7番出口すぐ
【JR】
名古屋駅より徒歩5分

▲ページの先頭へ